最果て、天上のアリア。

聞こえる歌声とかき鳴らされる楽器達の曲は時に雷雲の如くに、時に小鳥のさえずりのように虚空を彩る。


さてさて最近はエヴァ二次創作小説読みまくりです。
アーカイブも使い昔のも読んでます。
アスカラングレー至上主義者なので何でも来いと読んでます。


今朝見た夢は旧弐号機が赤べこの様に首を揺らしてました。
大阪弁が聞こえて『なんや、赤べこみたいやなぁ、赤いだけに』
その後は目覚めたので無事(?)でしたが全身赤いプラグスーツらしきモノが目の端に見えました。
起きてから大阪弁の彼の無事を祈りましたとさ、どっとはらい



8年間鬱ですが息子とも和解して心軽くなりました。
立ち直るたびにセクハラやら何やらありましたが根本が解決すれば問題は無いでしょう。
この間のブログに貼り付けたツイッターのつぶやきでかなり発散できたので気持ちは好調です。
自分がエヴァ二次創作したら多分虐待児童の陰惨な描写から始まると確信がありすぎてRじゃなくてGが付きそう、グロ注意。


自分が片足短いのは割れたビール瓶で膝裏をザクザク刺されて筋や筋肉を縫ったんですが、成長が遅れたようで力も急に抜けたりするので歩き方がぎこちないです。
右利きの人がやると基本左側に傷が付きますね。
たばこの火の押し付けとか一通り虐待と言われるモノはやられましたが、子供にとって親とは妄信的に愛されたいと願うモノ。
愛されないとしても愛したかったから、文句はあれど恨まなかった。
介護も腹違いの兄は夫婦で拒否。私の全てに掛かってきました。
嫁は香典泥棒したし修羅場も激しかった。
悪いと思ってないから簡単に出来てしまうんですよね。
憎んで囚われても先には進めない。
親二人を見送ってスッキリした自分が居ます。


在るがままに在れ
為すがままに為せ
愛しき愛しき獣よ


自分は常にこの言葉を刻み生きています。
犬や猫に育てられました。
犬に躾をされてました。
猫に看病されてました。
決して一人ではなかった。
私は一介の獣として育った。
彼らは余りにも恨まない憎まない、運命のように受け入れながらも最後まで生きることを諦めない。
そのようなモノに私はなりたい。


しかしブルースブラザーズのジョンベルーシー似の私が同性からキスを迫られると言うセクハラとは、なんともかんとも言いがたいモノです。
明日はどっちだ!

心の絆

queenの歌にあるんだ
心の絆って歌に友達は友達だって
別れても好きな人って歌もあるんだけど
自分の場合は男女の仲ではなく人として好きな人って事かな
五つ下の別れた旦那のことだけどね
ここ五年くらい何度か死にかけて
今月も仕事できないくらい
既に病院行くお金もない
来月の生活費は全部リボ払いのカードにかかってくる
会社には逆に社会保険代金等を払わないといけない
障害を持つ子供のことと自分の死後の話しはした
お互い両親は死去して居ない
一人に背負わせるのは重いだろうけど自分は一人で背負ってきたから後はなんとかしろと思ってる
障害者の子の人生が詰まないように書類だけでも書くなり福祉課に行くなりしろと言っている
二十代から仕事と父介護と乳幼児育児と母介護と発達障害知的障害療育をして終わったと思ったら死にかける
自分の同級生も二人ほど2年前に死んだ
好きなアニメも25年かけて最後を迎えた
好きな漫画は作者病死で未完確定
丁度いいタイミングかもしれない
残された余白は少ない
後はあいつに託すしかない
あいつは最初から友人以上弟未満だったんだろうな

舞踏

道化が踊るでたらめなダンス
懸糸はすり切れ傀儡達は地べたに這いつくばる
物語は終わり幕は閉じる
意味がないもので空間が埋め尽くされ
わずかなものしか価値がわからない小さな脳みそ
揺れる景色と感情の中で死出の旅支度
不帰の途上
心理の突堤
先は長いが命は短い
細切れ切れの叫びは不滅の歌
朽ちた傀儡が風になでられ鳴いている
細切れ切れの声は不滅の詩

イマジナリーママとインビジブルキャット

私の母の子育ては成金お嬢様であった女の子のおままごと程度で私の命は常に生存レベル以下にあった
親戚からよく生きてたなと言われる程度にはサバイバルだったが
私は常に笑い飛ばして居たなとは思う
心の中に理想の母と好きな詩編から取った強いネコ科の動物を掛け合わせて虚像を作り
『それ』と自問自答にはなるが心の中で繰り返し問うて答えを出していた
数式で言えば問いと答えはイコールでつながっていて同じなのだ
問いがあれば答えがどこかに在るはずと自分が精一杯感じる狭い世界を引っくり返す事を続けていた

不可視で触れられぬ虚像と生きてきた
『それ』は私の人生の問いと答えと道標である
今も心に『それ』は居る

舞を舞う
夜の海に降る雪のように
現れては消えて
現れては消えて
祈りより深く無意識よりも沈降する
荒野の舞踏
命の舞
愛もなく情もなく
真剣なる心のプリミティブなだけのダンス
私はそこに居る

柔らかいものと硬いもの

柔らかきものと硬きもの
相反するそれを巡り合わせの始まりから描きたくて(書きたくて)表現してみたい

機械と人体
鎧と裸体
浮き出た肋骨とそこだけは女を主張してやまない乳房
太った人体と槍と剣
至極簡単に男と女
突き進んでいくものと内包しようとするもの

いずれも力及ばす形にはならない

心が再び鼓動した日

未だ療養中である